10.9.28
・トップページ記事更新。よりストレスに関連した内容に修正いたしました。
10.4.16
・掲示板を設置しました。ストレスの情報交換の場としてご活用下さい。
・ストレスの関連サイト様を7件追加いたしました。また自動相互リンク登録ページを設置いたしました。
10.4.16
ストクリを公開いたしました。
ストレス解消のためのさまざまなテクニックを紹介します。

ストレスとは長い付き合いになる!? どの年代もストレスを抱えています

近年は子供でもストレスを感じていると言われています。子供の不登校やキレる行動について問題にもなっています。
小さい子供から、高齢者までストレスを感じる時代です。長い付き合いとなるストレスと、上手に付き合っていく必要があると言えるでしょう。

4歳〜9歳のストレス

親との関係や幼稚園や学校での集団の中でのストレスが主だとされています。
親子関係は、特に母親との関係でストレスを感じる場合が多く、年齢が高くなるにつれて、集団の中の友達との関係にストレスを感じるようになる場合もあります。
その他、妹や弟ができることで家族関係の変化等がストレスになる場合があります。

思春期(10歳〜16歳)のストレス

親子関係や受験、友達との関係、異性との関係でストレスを感じることが多いようです。
親の期待を過剰に感じて、学校や塾の成績にストレスを感じることも。
15歳くらいから男女ともに体の変化がみられるようになってきますが、体の変化について悩んでしまい、ストレスを感じる場合もあります。

17歳〜19歳のストレス

受験や就職に関するストレスを感じる場合が多いようです。独立することへの不安や、これからの人生についての悩みが多い時期です。
また、友人関係や異性関係に関するストレスを感じる時期でもあります。

20〜30歳代のストレス

就職や職場での人間関係、異性関係、友人関係のストレスがありますが、上司や同僚との関係、仕事についてのストレスが最も多いようです。
また、近年は結婚に関するストレスを感じている人も多く、結婚活動がうまくいかないことにストレスを感じている人も。
結婚している人は、妊娠・出産・育児や妻・夫との関係でのストレスがあります。

40歳代のストレス

40歳代になると自分の健康、親の健康に関するストレスがあり、親の介護や看護でストレスを感じている場合も多いです。また、子供の進学や子供との親子関係にストレスを感じる年代でもあります。
そのほか、仕事に関する転勤・リストラなどのストレスや妻・夫との関係のストレスもあります。

50〜65歳のストレス

定年退職に対する不安や、定年後の経済的な面への不安、自分の健康、親の介護・看護、子供の問題など、多くのストレスを感じている場合が多いです。

また、近年は職場がOA化され、ついていけないことに関するストレスを感じている人も多くいます。

65歳以上のストレス

65歳を過ぎると仕事も引退し、ストレスは減少するように思えますが、自分の健康に対する不安や、これからの経済面への不安などのストレスを感じている人が多いです。
また、配偶者の健康状態や、老人ホームへの入居などのストレスもあります。

ストレス社会を生きるにはストレスに関する知識を

新型インフルエンザが流行すると、その予防法や症状、治療法などをしっかり調べ、予防に努めるでしょう。しかし、うつ病の発症が増加していても、うつ病について調べ、予防に努める人は多くありません。

ストレスが原因で、うつ病をはじめとする心の病気を発症する人は年々増加しています。
心の病気やストレスに関する知識は誰もが持っていなくてはいけません。ストレスが心や体にどんな影響を与えるのか、ストレスによる病気にはどんなものがあるのかという知識を身に付け、自分なりのストレス解消法を見つける必要があるのです。

ストレスに関する知識は、自分の心を守るだけでなく、誰かの心の病気の早期発見につながるかもしれません。ストレスによる心の病気は、ストレス社会を生きる人ならば誰でも起こりうることなのです。

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には

相互リンクをご希望の場合はこちらよりご連絡お願いします。

コピー&ペースト用コード