自律神経

自律神経系って何だろう?

自律神経系とは、呼吸や消化、体温調節などの働きをする神経を言います。
つまり、生命維持のために必要な働きをしている神経だと言えます。

眠っている間にも、人は生きていくために呼吸をしたり、消化・吸収をしたり、暑いときには汗をかきます。
無意識に行っているこの体の働きは自律神経によるものなのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は主に昼間の活動しているときに働き、副交感神経は主に夜休息しているときに働く神経です。

これらの全く反対の働きをする二つの神経がバランス良く働いて体の調子を整えているのです。

自律神経のバランスが乱れる原因は?

自律神経のバランスが乱れる原因に、不規則な生活習慣やホルモンバランスの異常、体質などがあります。

しかし最も影響を受けやすいのはストレスの影響です。
悲しいことや怒り、不安は精神的な緊張状態を引き起こします。
この緊張が自律神経のバランスを乱すのです。

自律神経のダメージによる心と体の影響は大きい!

ストレスによる攻撃は自律神経にダメージを与えます。
これは体調不良を引き起こすだけでなく、心の調子も崩してしまうのです。

自律神経のバランスの乱れによる体の影響

自律神経は生命を維持するため、全身に働いている神経です。
そのため、自律神経のバランスが乱れると全身に影響を与えてしまいます。

全身症状として、だるい・疲れやすい・眠れない・食欲がない・熱っぽいなどの症状があります。
そのほか、心臓・血管・消化器・生殖器などの体のあらゆるところに症状が出ます。

最も多い症状に、頭痛や立ちくらみ、耳鳴り、生理不順があります。
また、一度出た症状がずっと続く人もいれば、その日によって症状が違い、「昨日は下痢の症状だったけど、今日は動悸がする」等という場合もあります。

自律神経のバランスの乱れが引き起こす心の症状

自律神経のバランスが乱れると、体だけでなく心にも不調が現れます。
イライラする、集中力がない、やる気がない、不安感が続く等の精神的な症状が最も多い症状です。

しかし、精神的な症状だけが現れる場合は少なく、体の不調と共に精神的な症状が出る場合が多いです。

自律神経とホメオスタシスとの関係

【ストレスとは】で説明したホメオスタシス(恒常性)は、環境の変化などの影響を受けずに、体内の環境を正常に保とうとする働きであり、自律神経と深い関わりがあります。

ホメオスタシスを維持するために、自律神経系・免疫系・内分泌系がそれぞれ働いています。

免疫系

免疫系とは体の中に入ってきた異物を取り除き、体を正常に保つ働きをします。

白血球は体内に入ってきた細菌やウィルスを排除しますが、これは免疫系のホメオスタシスを維持する働きの一つです。

内分泌系

内分泌系とは、ホルモンにより体内器官の機能を操作して体の調子を整えています。

内分泌系の一つに、インスリンがありますが、インスリンは血糖値を下げ、糖やたんぱく質の代謝に影響を与えています。

ホメオスタシスの3つの機能のバランス

自律神経系・免疫系・内分泌系の3つの機能はそれぞれに深く関わりがあり、互いに関係し合っています。

これらのバランスが取れていることで心と体の健康を維持することができるのです。
そのため、3つのうちの1つでも崩れると、他の2つにも影響します。

自律神経のバランスが崩れることで、連鎖的に免疫系と内分泌系にも悪影響を与えてしまうのです。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には