神経

神経の機能について理解しよう!

神経は神経細胞によって作られています。
この神経細胞をニューロンと言い、見たり、聞いたり、触れたり、味わったり、臭いをかいだりしたこと(五感)を大脳に伝達します。

神経は体中の刺激や興奮の情報を伝達する役目をしているのです。

体をコントロールしている中枢神経

中枢神経は脳と脊髄に分類されます。
体中に張りめぐらされた末梢神経から伝達された情報をまとめて、判断して指令を出す働きをしています。

脳は記憶や循環・呼吸の働きをコントロールする働きがあり、感情が生まれることにも関わっています。

末梢神経って何だろう?

末梢神経は自律神経系と体性神経系に分類されます。
脳と脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経が末梢神経です。

中枢神経と体のあちこちをつないで刺激や興奮を伝達しています。

末梢神経系の仕組みをさらに詳しく!

末梢神経ってあまり聞きなれないですよね?

しかし、自律神経失調症や神経痛というのは、どちらも末梢神経系に関する疾病なのです。

植物的な機能の自律神経系

自律神経とは無意識のうちに機能している神経で、内臓や血管の活動をコントロールしています。
植物的な機能をはたすことから、植物神経系とも呼ばれます。

呼吸や循環・生殖・消化・吸収などをコントロールし、生命維持のための最も重要な働きをしています。
眠っている間にも、呼吸や消化、吸収が出来るのはこの自律神経のはたらきのおかげです。

自律神経は交感神経と副交感神経に分類され、それぞれ間逆の働きを交互に行っています。

動物的な機能の体性神経系

体性神経系は運動や間隔をコントロールする神経です。
自律神経が植物なのに対し、体性神経系は動物神経系とも呼ばれ、意識的に働きます。

外からの刺激を受けて感覚器や骨格筋などに働きます。
つまり、外の物事について考え、判断し、行動する(発言する)のは体性神経系の働きによるものです。

体性神経系は、感覚神経と運動神経に分類され、刺激を脳に伝達するのが感覚神経、脳からの指令を体の骨格筋などに伝達するのが運動神経です。

一般的に神経痛は、体性神経系の支配している部位で異常がおきて、神経を傷害される場合に痛みをともなうものです。(まれに自律神経の異常で内臓に異常が出る場合もあります。)

神経系

中枢神経

 

脊髄

末梢神経

自律神経系
(無意識に働く)

交感神経(活動しているときに働く)

副交感神経(休息しているときに働く)

体性神経系
(意識的に働く)

運動神経(指令を体の各部に伝達する)

感覚神経(刺激を中枢神経に伝達する)

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には