交感神経,副交感神経

正反対の働きをする交感神経と副交感神経

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
この2つの神経は、生命活動においてどのような働きをしているのでしょうか。

「昼の神経」交感神経の働き

交感神経とは心と体の活動をしやすくする働きがあります。
活動するために血圧を上げる、呼吸を早くする、心臓の動きを早くする、内臓の働きを抑えるなど、人が活動しやすいように調節しています。

体を動かして体温が上昇したときなどに刺激を受けて反応しますが、物理的な刺激だけでなく精神的な刺激にも反応します。

興奮したとき、緊張しているとき、悲しいときにも交感神経が働きます。ストレスがかかると働くのがこの交感神経なのです。

「夜の神経」副交感神経の働き

副交感神経は体を休息するために働く神経です。眠ったり、リラックスしているときに働きます。
夜に眠くなるのは、夜に活動しなくなると副交感神経が働き出すからです。

副交感神経には、内臓を働かせる、血管を拡げて血流を良くするなどの働きがあります。
人が満腹になると眠くなるのは、内臓を働かせるために副交感神経が働くためです。

食べると副交感神経が働き、リラックス出来ます。
イライラしているときに何か食べたくなるのは、このためです。

2つの神経の働きは相反する

2つの神経は交互に働いています。
交感神経は活動するために臓器や気管に対して働きかけ、副交感神経は体を休めるために働きかけます。

2つの神経のしくみを確認してみましょう。

交感神経

体の器官

副交感神経

拡張させる

脳(脳血管)

収縮させる

拡張させる

目(瞳孔)

収縮させる

分泌を増やす

口(唾液腺)

分泌を減らす

拡張させる

気管

収縮させる

早くする、強くする

心臓(心拍数)

低下させる

活動を低下させる

活動を活発にする

活動を低下させる

消化管

活動を活発にする

活動を増加させる

汗腺

活動を低下させる

興奮させる

生殖器

弛緩させる

自律神経の調和=心も体も健康!

自律神経のバランスが取れた状態になっていると、活動する時に心と体は活動しやすい状態になっています。
また、休息するときには、心と体がリラックスしていて、しっかり休息できる状態になっています。

自律神経の調和がとれていることは、活動するときと休息するときの心と体を切り替えが上手にできている事だけでなく、免疫系や内分泌系のバランスが取れていることを示します。

自律神経の調和がとれているかどうかで、心と体の健康を調べることができるとも言えるでしょう。

コラム  自律神経をしっかり理解してダイエット!?

「夜遅く食べると太る」とか「食べてすぐ寝ると牛になる(太る)」などとよく聞きますが、これにも自律神経が関係しています。

昼間は実際に活動しているだけでなく、交感神経が働いているのでエネルギーを消化しやすくなっています。

しかし、夜に働く副交感神経は栄養を吸収して蓄積させる働きがあるので、夜遅く食べたり、食べてすぐ寝ると太りやすいのです。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には