不眠症

不眠症とは?

慢性的に「なかなか眠れない」「寝ている間に何度も目が覚めてしまう」「熟睡することができない」「朝早く起きてしまってその後眠ることが出来ない」などで睡眠時間が短くなってしまい、身体面や精神面に影響をきたす病気です。

「ただ眠れないだけ」と思ってしまいがちですが病気なのです。

あなたは当てはまっていませんか?不眠症の症状

不眠症の症状は4つに分類されます。
下記の症状が週に2回以上あり、それが1ヶ月以上続いている場合不眠症と診断されます。

下記の症状に当てはまらなくても、自分で苦痛を感じている場合には医師に相談する必要があります。

入眠障害

不眠症の中で最も多い症状で、「なかなか眠れない」というのは入眠障害です。
30分〜1時間で眠りにつくことが出来ない場合を言います。

中途覚醒

「眠っていても何度も目が覚めてしまう」というのは中途覚醒です。高齢の人に多くみられます。

熟睡障害

しっかり睡眠時間は取れているはずなのに、朝起きたときに「良く寝た気がしない」と感じたり、眠りが浅くて熟睡できないのは熟睡障害です。

早朝覚醒

早朝に目が覚めてしまい、もう一度眠ることができないのが早朝覚醒です。

どうして不眠症になるの?

不眠症の原因には、ストレス・体の不調・アルコール・環境があります。
思い当たる原因があれば、その原因に合った対策が必要です。

ストレスによる不眠症

不眠症で最も多い原因は精神的なストレスです。
精神的なストレスがかかると交感神経が働き、緊張している状態が続いて眠れなくなってしまいます。

このストレスによる不眠症を神経性不眠と言います。

体の不調による不眠症

眠っている間に痛みやかゆみなどがあって眠れなかったり、寝ている間に目がさめてしまう場合は、まずわかっている体の不調を治すことが大切です。

不眠のままでは、体の不調も悪化させてしまいます。

アルコールや薬による不眠症

寝る前のお酒も不眠の原因となります。
アルコールは眠りを浅くするので、寝ている途中で目が覚めてしまいます。

また、コーヒーなどのカフェインも眠りを妨げるので不眠となる場合があります。

不眠症の場合は眠る前のアルコールやカフェインは控えましょう。

環境による不眠症

夜間の騒音や部屋の温度・証明によっても不眠症となる場合があります。
この場合は、眠りやすい環境を作ることも大切です。

また、旅行などで環境が変化して不眠症となることがありますが、旅行から自宅に帰ると治ることが多いです。

不眠症の治療法

不眠症の治療法には薬による治療法と、薬を使わない治療法があります。
薬での治療は、睡眠薬を使用して行います。

睡眠薬と言うと、少し怖い感じがしますが、医師の指示に従って用法・用量をきちんと守れば怖いということも、薬がクセになることもありません。

また、薬を使用しない治療では、生活指導・リラックス療法・精神療法・高照度光療法などがあり、その症状や原因によって行います。

どの病院に行けば良いの?

体の不調が原因で不眠症となっている場合は、その原因となる病気を診てもらえる病院を受診しましょう。
その際に、不眠のことも相談してください。

その他の原因で不眠症となっている場合には、不眠症外来のある病院を受診しましょう。

近くに不眠症外来がない場合には、精神内科や精神科、内科でも不眠症治療を行っています。

コラム  ストレスと睡眠の関係

現代は5人に1人が不眠症に悩んでいると言われています。
このストレス社会で、子供までもが不眠症に悩まされていると言うことです。

睡眠はストレスの影響を受けやすく、不眠はストレスや疲労を増加させてしまいます。
ストレスによる不眠症から、うつなどの心の病に悪化してしまうケースもあるのです。

つまり、不眠症は心が疲れているサインかもしれません。
また、うつ病や自律神経失調症、統合失調症などの心の病気の前兆として不眠症が現れます。

心の病気は早期発見・早期治療が有効です。
不眠症かなと思ったら、早めに病院を受診しましょう。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には