摂食障害

摂食障害の症状

摂食障害とは、簡単に言うと食事を美味しく食べることができなくなってしまう病気です。

過食症・拒食症どちらも、気持ちのコントロールが出来なくなってしまう病気と言えます。
それぞれにどんな症状があるのでしょうか。

過食症の症状

食べすぎとは全く違い、異常なほどに食べて全て吐き出してしたり、下剤を使用したりします。

「吐き出さなくては太ってしまう」という気持ちから食べた直後に吐き出してしまうというようなタイプが多いようです。

自分の「食べたい」という気持ちをコントロール出来ずに食べ続け、生活が過食中心になってしまうことも。
過食症の患者はほとんどが病気であることを自覚しています。

「治さなくてはいけない」という気持ちがあるので病院に受診する人も多いです。
しかし、「やせたい」という気持ちは根本にあり、過食嘔吐が続いてしまうのです。

拒食症の症状

「自分が太っている」と思い込み、食べる量が極端に減ったり、全く食べなくなります。
食べても吐き出してしまうこともあります。

やせても「まだ太っている」「もっとやせたい」というように感じてしまいます。
拒食症の患者は過食症と違って、自分が異常であることに気付きません。

やせすぎていても、本人は太っていると感じてしまうのです。

食べることが怖くなって全く食べなくなると、体力が低下して自分で歩くことが出来なくなったり、皮下脂肪もほとんどないので異常に寒がる、生理が止まるという症状も現れます。
常に栄養失調の状態なので命を失う危険もあります。

摂食障害となる原因

摂食障害である拒食症も過食症も発症の原因は精神的なものが多いようです。

どちらも、気持ちのコントロールができなくなるなどの精神的な症状も現れるように、心の病気であるとされています。
最も多い原因にダイエットやストレスがあります。

「やせてきれいになりたい」という気持ちは多くの人が持っています。
しかし、ダイエットをして体重が減ったことがうれしくて、どんどん過激なダイエットになっていき、食べることが怖くなってしまうということもあります。

また、過剰なストレスを受けたり、長期にわたってストレスを受けている場合にも摂食障害が発症しますが、幼少期の家庭環境やいじめ、親からの強すぎる期待によっても発症します。

摂食障害の治療方法

治療は薬物療法・心理療法・行動療法・認知行動療法などがあり、体に不調のある場合には治療を行う場合もあります。
これらの治療方法を組み合わせて複数行っていきます。

カウンセリングでは、拒食症・過食症の症状やその原因などの誰にも話せなかったことを、カウンセラーや医師に話します。
したがって、病院は慎重に選びたいですね。

症状がひどい場合や、家庭環境などで入院したほうが望ましいとされた場合には入院をして治療を行う場合もあります。

病院選びはどうしたら良いの?

精神科か精神内科を受診しましょう。
拒食症の人に関しては、心の面よりもまず体の栄養面の対処(点滴など)をしなくてはならない場合もあります。

摂食障害のカウンセリングを専門に行っている施設もあります。

克服できるかな…

摂食障害は治ります。
完全に克服するには長い期間が必要になる場合が多いですが、克服している人もたくさんいるのです。

「結婚してから症状が良くなっていって、気付いたら治っていた」など、結婚・出産や友人ができたなど、心のよりどころができることで克服できたり、就職して仕事をこなしているうちに自分に自信が持てるようになって克服できたという人もいます。

どんなきっかけで良くなっていくかわかりません。
あせらずに取り組むことが大切です。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には
関連リンク