十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍はどんな病気?

胃では食べ物を消化しやすくするために、強い酸性の胃酸が分泌されて食べ物を溶かします。
胃とつながっている十二指腸は胃酸の影響を受けないように、粘膜で覆われています。

しかし、ストレスなどによっての粘膜の働きが悪くなると、十二指腸の粘膜までが胃酸によって溶かされてしまいます。
胃酸によって胃に潰瘍ができる場合は胃潰瘍、十二指腸に潰瘍ができる場合を十二指腸潰瘍といいます。

十二指腸潰瘍に現れる症状?

十二指腸潰瘍と胃潰瘍は同様な症状がみられ、代表的なものにみぞおち・上腹部の鈍い痛み、背中や腰の痛み、胸やけ、げっぷ、吐き気などがあり、出血のある場合には吐血や下血もみられます。

胃潰瘍との違いは、胃潰瘍は食後に痛みを感じるのに対し、十二指腸潰瘍は胃酸が腫瘍を刺激する空腹時に強い痛みを感じ、食事をすると痛みが和らぎます。

十二指腸潰瘍はどうやってわかる?

十二指腸潰瘍は検査によってわかります。
病院では十二指腸潰瘍の疑いがある場合に、問診・触診・上部消化管造影X線撮影・上部消化管内視鏡検査を行います。

触診では直接医師が手で触れて、お腹の張りなどを確認します。
上部消化管造影X線撮影では胃を膨らませる薬とバリウムを飲み、レントゲン撮影を行います。
また、上部消化管内視鏡検査では、小型カメラを鼻や口から入れて十二指腸の様子をみます。

十二指腸潰瘍と診断されたら

治療法は潰瘍の程度によって異なりますが、近年は薬の開発によって、出血がない場合や出血があっても内視鏡による施術で止血できた場合には、外科的治療は行わなくても治癒できるようになりました。

薬物療法

H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)やプロトンポンプ阻害剤などを服用します。

H2ブロッカーは、潰瘍を悪化させる胃酸の分泌を抑えたり、酸の強い胃酸を中和させたりします。
プロトンポンプのほうがH2ブロッカーよりも、胃酸の分泌を抑制させる力が強いです。

生活療法

十二指腸潰瘍の原因として、精神的ストレス・肉体的ストレス・ピロリ菌が挙げられます。
ストレスが原因で十二指腸潰瘍が発症した場合には、ストレスの原因となるものをなくしたり、解決する必要があります。

肉体的・精神的ストレスをためないようにすることが大切です。
また、喫煙やアルコール、コーヒー、刺激のあるものは胃に負担をかけやすいので、控えるようにしましょう。
暴飲暴食をせず、よく噛んで食べるようにしましょう。

不規則な生活は肉体的なストレスを溜めやすくなります。
規則正しい生活を送り、規則正しく食事を取るようにしましょう。そして、不規則な食事は胃に負担をかけやすくなってしまいます。

外科的治療

近年では薬物療法で潰瘍を治すことができるようになったため、外科的手術を行うことは少なくなりました。

外科的治療を必要とするのは、潰瘍からの出血があり、内視鏡での止血治療を行っても止血できなかった場合などです。

ピロリ菌って何?

十二指腸潰瘍や胃潰瘍の原因でもあるピロリ菌とは、胃の粘膜でのみ生きることができる細菌です。

ピロリ菌に感染すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こします。

ピロリ菌有無の検査方法

ピロリ菌に感染しているかどうかは、尿素呼気試験で調べることができます。
錠剤を飲み、息を袋に吐き出す検査で、体に負担のかからない検査です。

袋に吐き出した息にピロリ菌が含まれているかどうかを調べます。
また、内視鏡にて細胞を採取することでも、ピロリ菌に感染しているかどうかがわかります。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には