過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とはどんな病気?

下痢や便秘の症状は、決して珍しい症状ではないので、頻繁に下痢や便秘になる人でも、「お腹が弱い」とか「便秘症」などと気にとめていないのではないでしょうか。

過敏性腸症候群の症状は、腹痛や便秘、下痢、ガス過多です。
しかし、胃や腸の検査を行っても異常はありません。
過敏性腸症候群の原因は胃や腸の病気ではなくストレスなのです。

過敏性腸症候群は、ストレスがかかる事によって腹痛や便通の異常を引き起こします。
症状はさまざまですが、次の4つに大別されます。

不安定型

交代型とも言われ、下痢と便秘を繰り返します。
数日下痢の日が続き、治まったと思うと今度は便秘になり数日続くというように、下痢と便秘を繰り返すのが不安定型です。

慢性下痢型

神経性下痢とも言い、食事の直後や電車の中など、ストレスがかかるとすぐに下痢になり、下痢を繰り返します。

下痢の回数が多く、食事の度に下痢になるという人も。

分泌型

強い腹痛があり、粘液便が排出されます。
分泌型の場合、脱肛や下痢を伴うことが多いです。

ガス型

食事をした後やストレスがかかるとおならが出てしまうのがガス型です。
便意を強く感じ、排便の量が少なく、残便感があるのが特徴です。

過敏性腸症候群の原因は?

精神的なストレスによる自律神経の乱れが原因で、胃や腸の働きに異常が生じる場合があります。

その他、人前でお腹が痛くなったり、おならをしたという恥ずかしい経験などが原因で、そのような場面に立った時に、「またお腹が痛くなったら」「またおならをしてしまったら」という不安が原因で症状を引き起こすこともあります。

もともと、自律神経の乱れがあった場合にも何らかの原因(暴飲暴食や過労など)がきっかけとなって発症することもあります。

過敏性腸症候群の診断基準

胃や腸に異常がなく、過去3ヶ月以内に3日以上お腹の痛みや不快感を感じた場合で、次の3つに該当する人は過敏性腸症候群かもしれません。

  • 1.排便の回数が不安定(変化する)
  • 2.排便すると症状が軽減する
  • 3.ウサギのふんのようなコロコロとした黒っぽい便が出る

過敏性腸症候群になりやすいタイプ

真面目で几帳面な人がなりやすく、子供でも真面目なよい子がなりやすいタイプだと言えます。
特に4月の環境の変る時期は、発症しやすい時期です。

新しい環境に馴染むのが苦手なひとも過敏性腸症候群になりやすいタイプと言えるでしょう。

過敏性症候群は治せるの?

発症の原因によって、改善するまでに時間を要することもありますが、過敏性腸症候群は治すことができます。

生活習慣と食生活の見直し

規則正しい生活と、バランスの良い食事を心がけましょう。
場合によっては、薬物療法と併せて行っていきます。

過敏性腸症候群を改善させる食事の工夫

  • ● 欠食をしない
    朝食からしっかり取るようにしましょう。
    朝食を取ることで、朝から腸の働きが良くなります。
    便秘の人は朝食後にトイレに行く時間を作ることも大切。
  • ● 規則正しい食生活
    3食決まった時間に食べるように心がけましょう。
  • ● 食事の時間をしっかり取る
    急いで食べると、胃や腸に負担をかけやすくなります。
    また、リラックスして食べることも大切です。
    食事の時間に余裕を持つことも大事。

薬物療法

下痢の場合には、整腸剤や腸管運動抑制薬を服用します。
便秘の場合には下剤、腹痛の場合には抗コリン剤を服用します。

ストレスが原因の場合に抗うつ剤や抗不安薬を使用することもあります。

心理療法

カウンセリングや過敏性腸症候群の原因となるストレスに対処するトレーニング、自律神経訓練法などを行います。

どんな病院に行ったらいいの?

過敏性腸症候群は、精神的なストレスが原因であることが多いですが、まず体に異常がないかどうかを調べる必要があります。

かかりつけの内科や小児科を受診して相談してみましょう。
もし、体に異常がなく、症状が続くようでしたら心療内科や精神科を受診すると良いでしょう。

かかりつけの内科や小児科で心療内科を紹介してもらうこともできます。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には
関連リンク