臨床心理士

臨床心理士って?

臨床心理士とは、医師とは違い「臨床心理士」という国家資格の取得者であり、カウンセリングを中心に治療に当たります。

他に、薬を処方できる精神科医(国家資格)、患者の抱える生活・社会に関する問題の相談を受ける精神保健福祉士(国家資格)、対人・作業に関する指導を行う作業療法士(国家資格)が心の病気の治療や社会復帰の援助に当たります。

また、セラピストとは、心理学をもとに分析して治療を行いますが、臨床心理士や精神科医が(専門分野によって)メンタルセラピスト、ヒプノセラピスト(催眠療法士)などと名乗っていることがほとんどです。

カウンセリングはどこで受ければいいの?

カウンセリングを受けられるのは主に精神科・神経科(神経内科)・心療内科です。

自分の症状に合った科を受診してカウンセリングを受けましょう。

精神科

精神症状・精神疾患を主に診療の対象としています。
気軽に来院できるようにメンタルクリニック・診療クリニックなどという名称にしているところもあります。

病院や総合病院の精神科では入院施設やデイサービスなども行っています。

神経科(神経内科)

神経(脳・脊髄・末梢神経)と神経につながる筋肉によって引き起こされる障害・病気を診療の対象とします。(脳梗塞・偏頭痛など)

心療内科

病気(症状)の身体的な問題を心の問題や社会的な問題と併せて解決・改善していきます。

体の不調などの原因が精神的なものである場合の心身症が対象となります。

精神科と心療内科の違いは何?

精神科と心療内科の違いはわかりにくいですが、精神科は精神疾患が診察対象で、心療内科は体の症状とその原因となる心の問題を併せて診察していきます。
つまり、精神科は心の症状、診療科は体の症状を主に診察していくのです。

検査をしても体には異常が見つからなくて、心の問題を抱えている場合は精神科、検査では何らかの体に異常が見つかり、心の問題が体の異常と深く関係する場合は心療内科ということになります。

しかし、精神科よりも神経内科のほうが精神的な症状が軽いというわけではありません。
精神的な症状の程度に関係なく、体に症状が出ているのであれば心療内科と考えると良いでしょう。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症などは心療内科、また鬱病、パニック障害、脅迫障害、統合失調症などは精神科の領域と考えられています。

精神科や心療内科を受診する前に。

体に症状が現れている場合には、内科を受診して、他の病気が潜んでいないか確認することも必要です。

心の症状がある場合は、自分でその症状に気付かない場合があります。
その場合は周囲の人が、症状などをみて病院を選ぶ必要があります。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には
関連リンク