ストレスを受ける機会の多い現代では、胃薬を飲んで痛みを凌ぐ、なんて人もいるようです。
そう、ストレスって胃にくるんですよね。キリキリしたり、チクチクしたり、痛みはそれぞれ・・・。
でも放置しておくと症状は悪化し、大変なことに。消化器管の診断には欠かせない胃カメラ検査をしてもらいましょう!

消化器疾患とは、食道や胃、腸や肝臓、すい臓などの消化器官や内臓全般に発症する病気のことを呼びます。
内蔵はストレスによる影響を受け易く、胃は敏感にストレスを察知し、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状を見せるようになるそうです。
ストレスで起こりやすい消化器疾患を紹介します。

ストレスが支配する!消化器官に与える影響

現代の労働状況は、企業にもよりますがハードであるためストレスを受ける機会が多く、ストレス社会なんて呼ばれています。

ストレスとは、寒冷・苦痛・精神の緊張・心労などの日常で感じられる刺激が起因となる生体反応を言うそうです。
日常生活においてストレスを受けないことはないとされていますが、適度なストレスはエネルギーとなり、心身に有益な作用となるそうです。ですが、ストレスを受けすぎるとエネルギーは失われ、多くの人に認識されているように身体に悪影響をもたらすと言われています。

また、過度のストレスは自律神経に悪影響を与え、消化器疾患を発症させることがあるようです。
自律神経とは、内臓などの機能をコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経の2種類に分けられます。
交感神経は日中の活動時に強く現れ、内臓などの血管収縮や胃の蠕動運動を低下、さらには胃の分泌液を減らしてしまうそうです。
副交感神経は日が暮れるとともに強くなり、胃液の分泌量を増加させたり、身体を休ませる神経です。

しかし、過度のストレスが心身に加わると自律神経系のバランスが崩れてしまい、胃酸のバランスも崩れることになるそうです。胃酸のバランスが崩れると、分泌量もバランスを失い、胃や食道などの粘膜を傷つけて消化器疾患を発症させることに・・・。

性別は関係なくなった!ストレス社会の胃潰瘍

ストレスが原因で発症することが多いとされる胃潰瘍。
本来は胃に入ってきた食物を消化する作用のある胃液(塩酸・ペプシンなど)が、胃壁を守っている粘膜を損傷してしまうことが原因とされています。胃粘膜が損傷すると、それに守られていた胃壁が胃酸に攻撃されることになり、ただれや崩れが起こるなど、胃組織が破壊されるようになります。

症状としては、吐き気や胸やけ、吐血、酸味を感じるゲップ、食欲不振による体重減少などが見られると言われています。

昔は、社会や現場で働いている人が女性よりも男性の方が多かったため、胃潰瘍は男性に多い消化器疾患とされていました。しかし、近年では女性の社会進出は当たり前になりつつ、ストレスを受けることも多くなったため、性別は関係なく、女性にも見られる病気となってきているようです。
また、一度治っても再発する可能性が高く、長く付き合っていかなければならない病気でもあるようです。

消化を助ける胃液が逆流性食道炎をつくる!

逆流性食道炎とは、胃で分泌される酸が何らかの原因により食道に逆流し、食道粘膜の損傷・炎症が見られる病気です。 逆流性食道炎はストレスが大きく関係している消化器疾患であり、呑酸という酸っぱい液または苦い液が口内に上がってきたり、胸やけなどの症状が見られるとされています。

胃は、ストレスが過剰に蓄積されると活動が低下してしまい、胃液などの分泌量も変動するそうです。しかし、胃液などの分泌量が低下した原因には、自律神経がバランスを崩したということも考えられます。
上記でも説明しましたが、交感神経が強く刺激されると胃液などの分泌液は減少し、副交感神経が強い刺激を受けると分泌液は増加するようになります。
崩れてしまった自律神経を整えるには、ストレスを取り除くことや生活リズムを見直すことなど、日常生活で行えることから始めると良いでしょう。

逆流性食道炎の検査には、胃カメラ(内視鏡検査)が必須となります。
カメラの付いた管を飲み込んで食道内を調べるため、人によっては一度では上手く入らず何回も挑戦したり、異物感を感じることもありますが、食道粘膜に損傷などが見られれば逆流性食道炎と診断される可能性があります。

ストレスの多い職場で仕事をしている人や、胃や消化器系に不快感のある人は一度検査に行ってみることをおススメします。
胃カメラなどの内視鏡を専門に扱い、患者に苦しくない胃カメラ検査を提供しているクリニックがありましたので、胃カメラが恐い・・・という人は一度ご覧になってみてください。

ストレスは消化器官に悪影響!胃カメラ検査は欠かせない!

胃カメラのとよしまクリニック

ストレスが引き起こす消化器疾患は数知れず・・・。
苦しくない胃カメラ検査をしたいなら、内視鏡専門の「とよしまクリニック」がおススメです!胃カメラ検査が恐い人は、専門医を訪ねてみてください。

種類が多い胃炎!胃に不快を感じたら病院へ

胃炎とは、胃粘膜にただれや炎症が見られる状態を言うそうです。
症状や原因によって慢性胃炎・急性胃炎に大別され、そこから更に細かく分類されるそうです。

慢性胃炎は、肥厚性・神経性・萎縮性・びらん性の4種類に分けられており、胃もたれや食欲不振、胃部不快感や吐き気などの症状を現します。しかし、個人差によっては自覚症状がない人もいるようです。

急性胃炎は、急性外因性胃炎(急性単純性・急性腐食性)と急性内因性(急性感染性・アレルギー性・急性化膿性)の複数種類に分けられ、ストレスから発症することでも知られています。
急激な胃痛や嘔吐などの激しい症状が見られ、日常的でみられる何気ないこと(喫煙、アルコール・コーヒーなどの胃を刺激する物、ストレス、乱れたライフスタイルなど)が原因だったりするため、繰り返しやすい病気でもあるそうです。
急性胃炎の発症から、症状が繰り返し見られるようになると、慢性胃炎に移行する可能性もあるんだとか・・・。

  • 【ストレスの原因】こんな生活をしているとストレスを溜め込みます!
  • 【身近なストレス解消法】身の回りにある解消方法のピックアップ

  • ストレスは自律神経を乱す

    ストレスは自律神経を乱す

    内臓器官などのコントロールを行っている自律神経は過度なストレスに弱いんだとか。崩れてしまうと消化器官へダメージを与えることにも・・・。

  • 胃カメラ検査は絶対必須!

    胃カメラ検査は絶対必須!

    食道や胃などの消化器官を検査するためには、胃カメラが必須だそうです。内蔵の状態を知り、データを得るためにも欠かせないんだとか。

  • 消化器官はストレスを受け易い!

    消化器官はストレスを受け易い!

    消化器官はストレスに敏感で、食欲不振や胃部不快感などの症状が見られやすいんだとか。消化器官に負担軽減のためにもストレス解消は重要です!

 
 

  • 【ストレスと体のメカニズム】ストレスの原因や、神経の仕組みなど
  • 【ストレスが影響を与える心の病】鬱病(うつ病)や不眠症との関係とは
  • 【ストレスが影響を与える病気】胃・腸などに影響が出る場合も?
  • 【ストレスマネジメント対策】ストレスとの上手な付き合い方について
  • 【メンタルヘルスコラム】仕事や育児などにストレスを感じている場合には